2009年04月15日

■ヤエン仕掛け>タモ・ギャフ>

■ヤエン仕掛け>タモ・ギャフ>

現在下の写真のタモを使用しています。

ダイワ PRO磯玉柄V 柄の長さは5.2mです。

NEC_0119.jpg

本当はギャフが欲しいです・・・今はどのギャフがいいか模索中ですΣ(・ε・;)

タモは一度イカを入れてしまえばバラすことは無いですが、一人で取り込むとなると

どうしてもイカを追いかけるかたちになるため、めちゃくちゃ目の良いアオリイカは

タモを見ると怒涛のジェット噴射で逃げようとします。


その点ギャフはイカの向こう側まで持っていければイカの胴先側を掛ける事が出来ます。

またタモより目立たないので、イカが暴れにくいメリットもあります。

それに、持ち運びの面においてもコンパクトになり(ギャフ先で怪我をするなどの危険は

有りますが・・・)荷物を軽量化できます。


柄はとりあえず今のものを流用するとして、ギャフは下のものがとりあえずの候補としています。



第一精工折畳式 キングギャフ
キングギャフシリーズで有名な第一精工さんのものです。

「イカを掛けるとイカの重量でゴムジョイント部分が抜け、ギャフがブランコ状になるのでバラシを激減!」と

いうのがメーカーさんの謳い文句!

折りたためるのも魅力かな〜。




シミズ あおりギャフ

ある人によるとこういうタイプのほうが掛けやすくバレにくいとのこと・・・

また釣具や巡りをして納得するものを探したいです。

にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ
にほんブログ村

↑バナーをクリックして頂きますと↑

それはもう大変励みになります!!




 
posted by ぴとん at 23:30 | Comment(0) | ■ 仕掛け・タックル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。